金利が安いキャッシング会社はあるの?

金利の差は返済額に直結します。
わずかな金利の差であっても借入金額によっては利息が大きく変わってきます。
また返済期間が長引く場合も利息負担は増大するため、少しでも金利が低いカードローンで借りるほうが返済額が少なくて済みます。

低金利が魅力の銀行カードローン

金利で比較すると銀行カードローンのほうが全体的に消費者金融よりも低金利に設定されています。
銀行母体で潤沢な資金が背景にあることから、比較的低い金利での運用が可能になっています。
さらに銀行が提供しているカードローンということで安心感が大きい点も、利用者にとってはメリットとなっています。
また銀行カードローンは総量規制対象外です。
総量規制の対象となる消費者金融が利用できない専業主婦の人向けの商品も用意されていることから、幅広い利用者の人気を集めています。

無利息サービスも選択肢に

カードローン会社によっては一定の期間無利息で借りられるサービスを提供しているところもあります。
ただし無利息期間終了後は通常金利が適用されるので注意が必要です。
無利息期間にはさまざまなタイプがありますが、上手に活用すれば低金利で借りるのと同様に返済負担を軽減できる可能性があります。

支払う利息は金利と借入期間で決まる

利息に影響するのは利息だけではなく、お金を借りている期間も重要な要素となります。
同じ金額を借入れした場合、返済に時間がかかるほど利息は増えてしまいます。
可能な範囲で早めに完済することが、利息負担を軽減するポイントになってきます。

金利比較のポイント

カードローン会社が提示している金利には幅があります。
金利は利用限度額に応じて決まるため、最高限度額で利用する場合と最低限度額で利用する場合とでは、適用金利に大きな差が生じます。
金利を比較する際には最も低い金利の数字にこだわる人も多いですが、まずは実際に自分の限度額がどの程度になるのかを把握することが大切です。
新規契約では最低限度額からのスタートとなることも多いため、上限金利を見て判断するほうが現実的でしょう。
さらにこちら(⇒専業主婦でも即日融資で借りられる銀行カードローンで書かれています。